Shi-gyo

移転価格について

海外に子会社を作る事で、利益に課せられる税金を軽減できる場合があります。具体的には本社から子会社に対して、移転価格で商品を販売するのです。これは聞こえはいいのですが実際にはそうでもありません。

雇用環境にも対応

現代では終身雇用制の有名無実化、非正規雇用者の増大、派遣労働の原則自由化、外国人労働者の増加など、近年の雇用をめぐる情勢は多様化・流動化の一途をたどっています。

相続税問題を回避する

遺産相続は遺産が現金でなかった場合でも、相続税は現金で支払わなければなりません。そのため、相続税の支払いに充てるだけの現金を持っていない人の場合、相続すること自体が困難になります。また、遺産は価値のあるものとは限らず、借金など負の遺産と呼ばれているものを受け継ぐことになる場合もあります。つまり相続することで、借金を背負うことになるわけです。昨今では、そういった相続における悩みを抱える人が増えてきていますし、その多くが弁護士や司法書士などに相続放棄の相談をしています。相続放棄をすれば、相続税の支払いをせずに済みますし、借金も背負わずに済みます。そして弁護士や司法書士に依頼すれば、その手続きのアドバイスをくれたり、手続き自体を代行してくれたりするのです。

弁護士や司法書士の手を借りて相続放棄の手続きをするためには、まずは法律事務所を選択する必要があります。相続放棄の手続き自体は、どの弁護士でも司法書士でも可能なので、そういう意味ではどの法律事務所に依頼しても良いと言えます。しかし弁護士にも司法書士にも、離婚問題や雇用問題など、それぞれ得意とする分野があるのです。そして得意分野における相談だと引き受けてもらいやすいですし、手続きもスムーズに進めてもらえます。そのため、まずは相続問題における経験の豊富な弁護士や司法書士の所属している法律事務所を探すことが肝心なのです。相続放棄は、相続することを知ってから3ヶ月以内におこなわなければならないので、法律事務所は早めに選択する必要があります。とはいえ、受理後は相続放棄を撤回することはできないので、十分に考え、慎重に手続きをすることが大事です。