高齢者の腰痛について

高齢者になってくると、老化というのは避けることはできません
しかし、出来る事をやれば「筋肉は何歳になっても発達する」という科学的に証明されていることもあるくらいなので痛みが少ない生活を送ることはできる可能性がかなり高くなります

骨の変形(脊柱管狭窄症)(圧迫骨折)(変形性腰椎症)(骨粗しょう症)

高齢者で多くなる腰痛の原因は、大きく分けて骨の変形です

 

個人差はあるものの、骨が弱くなったり、軟骨がすり減ったり、椎間板という背骨の間にあるクッション成分の水分が抜けてくるという現象は誰でもあることです
これらが弱くなってくるとその働きを助けようとして、筋肉が固くなってくるのでどうしても年を取ると身体の緊張がより強くなり、身体全体の動きが固くなってきます

 

「一番多いと思われる骨の変形」
腰部脊柱管狭窄症という腰の部分の背骨の一部が変形して、脊柱管という神経などが入っている管が狭くなってきてしまう現象です この腰部脊柱管狭窄症になると腰を後ろにそらす体制で痛みが伴うようになってきます 腰痛がない人でも高齢者になると多くの人がこのような状態になっていると思われるので、直接の腰痛の原因なのかは担当のお医者さんとよく話あってみることがいいでしょう

 

「特に女性は気を付けた方がいいでしょう」
圧迫骨折という背骨の椎骨がいつの間にか潰されてしまう骨折の現象です この椎骨が圧迫骨折になるキッカケは大きな衝撃がなくても起こってしまうという怖いものです 普段の生活をしていて「軽くしりもちをついた」「くしゃみを大きなアクションでした」「体操教室で少し頑張った」など何気ない日常でも骨が弱っていることに気づかないと、いつの間にか背骨の1つが潰れるように骨折している可能性があります 当然ながら骨折なので潰れている骨の付近は痛みが出ることがあり腰付近だと負荷が大きくかかる場所で腰痛が慢性化してしまう可能性が大きくなります 年に1度の骨密度の計測など予防はしておきましょう

 

「変形性腰椎症」
背骨の1つ1つのクッションの役割をしている椎間板が徐々に固くなってきて、水分が抜けていきます それが原因で骨と骨のぶつかる摩擦が強くなり椎骨の一部が尖ってしまいその棘が神経を刺激することで腰痛になってしまうと言われているのが「変形性腰椎症」です しかし、これも必ず骨の変形が腰痛の原因となっているわけではないのでお医者さんとよく相談して腰痛の原因を理解しておきましょう

 

「骨粗しょう症」
主に女性がなりやすいこの症状ですが、身体の骨がもろくなってしまうものです 身体全体の骨の成分ですが主に負担がかかる腰などの背骨全体が骨折しやすくなるので注意が必要です 普段から食事に気を付けて健康診断で骨の強さを把握しておきましょう
解消法として上記にある骨の変形による腰痛は全て適度な運動とバランスのとれた食事が必要になってきます 
高齢者の中にはお医者さんに言われたことを真面目に全部やろうとする人もいますが、適度なバランスを取って運動をするというのは、無理をしない、頑張りすぎないというのが一番のコツです

日常でのケガ

高齢者になってくるとちょっとした不注意でけがをすることが出て来ます

 

けがの原因の多くは「自宅の中」慣れているはずの自宅でのケガは足を引っかけてしまう、お風呂で転んでしまうなど、歩くのが辛くなるようなケガが多くあります

 

一度けがをしてしまうとどうしても筋肉の衰えが早くなりケガの対処を早くしておかないと、後々まで痛みや固さが残って運動をするのがめんどくさくなってしまいます
この運動をする機会が減っていく事が高齢者の腰痛に一番怖い変化です

 

適度に動かないと、薬に頼る生活になってしまい、筋肉がマスマス固くなるのでケガをしない注意を忘れず、無理をしない生活をして、もしケガをしたら早期治療を心がけ後々まで痛みを引きずらない生活を送りましょう