40代の腰痛について

40代の腰痛の原因や特徴についてまとめてみました
若い時と比べると腰痛の原因が変化する時期でもありますので、まずは腰痛の原因を探って正しい治療を行いましょう

 

女性は更年期が40代半ば位から始まる

女性の場合は男性よりも筋肉量が少ないこともありますが、ホルモンバランスが崩れると身体のいろんな場所に影響があると考えられます

 

閉経の年齢は平均的には40半ばですが、その前後から身体の変化が出始めるので、40代に入ると今までより身体に対してより注意が必要になります
今までは1晩寝れば回復していた疲れが溜まりやすいとか睡眠が浅くなっているとか1日の疲れが取れなくなってくると、腰痛の経験が40歳までなかったとしても突然やってくるかもしれません

 

ホルモンバランスが崩れて一番影響がありそうなのが「骨粗しょう症」です
男性よりも女性の方が発症率が高くなるこの症状は骨が弱くなって、本人が気づかない間に骨折してしまうという怖い病気です

 

もし骨が弱っていることに気づかないと、ちょっとした「くしゃみ」や「足をつまずいた」だけの今までだったら問題がなかった行動でも骨折をするという状態になってしまいます
これに気づかないまま、腰が痛いから普通の腰痛かな?と思い強めのマッサージなどに行くと、もしかしたら余計に腰痛がひどくなることも考えられます

 

更年期になると他にも症状が現れますが、例えばホットフラッシュで汗をかきやすくなったり、毎日の倦怠感などからあまり運動をしなくなる習慣になると、そこから運動不足が始まり腰痛が発症するとか、骨粗しょう症の予防としては身体に対して適度な負荷がかかる運動が一番効果がありますが、倦怠感からその運動を一切しなくなるという事で腰痛になりやすい身体になる、など悪循環になってきます 

 

骨粗しょう症で一番気を付けたいのが背骨の骨折です 更年期になる前から姿勢が悪く背骨が曲がっていると、年を取った時に背骨に負担がかかりやすくなり、ごく普通の生活をしているだけでも背骨の一部が圧迫骨折という状態になるかもしれません
背骨が骨折してしまうと、腰痛は慢性化する可能性が高くなるでしょう 

40代の女性が腰痛になった時の解消法

まず、骨の変形が起きてしまった後の解消法は限られてきますし、大きな効果は望めないので予防として大事な事をお伝えします
40代になる前から運動を習慣にしておくことです 特に女性は骨粗しょう症の発症が起きないように骨に適度な負荷がかかる運動をおススメします 例えば、テニスなどもその1つです ウオーキング、ジョギングなども骨を鍛えられます

 

食事の偏りがあると骨を作る元の栄養素が無いので、バランスのいい食事を心がけて将来の腰痛予防にしましょう

 

男性はデスクワークなど会社での要職につく人が多くなり無理をして仕事をする傾向

40代ごろから仕事の責任がさらに重くなったり、子供が大きくなりお金がかかり精神的な負担も増えて来ます

 

特に男性は自分の身体よりも仕事を優先させるという日本人独特の習慣が職場にはあります
少しぐらい腰痛があっても「いつものこと」という身体の事を考えない生活をすると、仕事ができないくらいの大きな症状が現れる可能性が高くなります

 

会社員でもトップに近づくほどに体調の管理が出来ていないと評価も下がるはずです 自分の身体を腰痛などの痛みや病気から守る為には、体調管理をする時間を予定表に組み込むなどの方法で仕事をバリバリ続けながら腰痛を防ぎたいですね

 

男性でも40代まで腰痛の経験がない人はいます こういう人ほど「自分の身体は大丈夫」と予防を何もしないでがむしゃらに働き続けてしまいます 
健康診断では腰痛の事はわかりません 体重が増えなくても腰痛にはなります

 

40歳で腰痛になってしまったら急に全てを解消しようとしても、身体に無理が出て余計に腰痛が悪化するかもしれません
出来る事を少しずつ、15分でも身体を動かす時間を作りそれを毎日続けることが大切です