肩こりで悩む現代人が急増中!

モットンの正しい使い方

 

肩こりで悩む現代人が急増しており、年齢に関わらず引き起こされる症状となっています。

・肩が圧迫されたように痛みを感じる
・芯が凝ったようなコリが続く
・筋肉が重苦しくて何かが乗っている感覚
・手や腕の当たりが痺れる

このような症状が慢性的に続くのが肩こりの特徴で、現代型の生活による運動不足が大きな原因です。

 

 

運動不足によって血液の循環が悪くなって酸素や栄養素の運搬がスムーズに行われなくなり、老廃物が溜まって症状が悪化していくのでデスクワークが中心の方は特に注意しましょう。

肩こりの解消に繋がるマットレスがモットン!

肩こりの解消に繋がるマットレスが当サイトでご紹介しているモットンで、腰痛の対策だけに効果的というわけではありません。
朝目覚めた時に肩や腰に痛みを感じる場合、敷布団やマットレス、枕など寝具に大きな問題が潜んでいます。

 

 

自分の身体と寝具の相性の良さが痛みの解消に繋がりやすく、モットンは体圧分散に優れていて身体全体を均一に持ち上げて歪みのない理想的な睡眠姿勢を保てるのです。
つまり、身体のどの場所にも負荷が加わりにくいですし、睡眠中にゆっくりと筋肉を休ませることができます。

  • 猫背や睡眠中の姿勢が悪い
  • 長時間同じ姿勢を続けている
  • 目を酷使し続けている

上記のような理由でも背中や肩の筋肉が凝り、固まって肩こりが引き起こされやすいのでマットレスの質は重要です。

 

 

「肩こりが和らぎました」「肩こりと頭痛が前よりも良くなった」「慢性的な疲労感が解消された」という口コミを得ている商品なので、身体の痛みで悩んでいる方はモットンを使ってみてください。

肩こりの解消のために枕選びも大事

慢性的な肩こりを解消するに当たり、マットレスだけではなく枕選びにも着目しなければなりません。

 

 

モットンのような身体に負荷の加わらないマットレスを使っていても、以下のような枕で寝ていると首や肩の付近に大きなダメージが加わります。

柔らかすぎる:頭が深く沈んで顎が上がって無理な姿勢になる
硬すぎる:首や頭のつけ根が支えられない状態となる
高すぎる:首から肩にかけての血行不良が引き起こされやすい
低すぎる:首が不安定な状態になって緊張しやすい

枕の硬度や高さは選ぶべき重要なポイントで、自分の体型に合わせてベストなものを購入して使用しましょう。
そばがらや高反発ウレタン、パイプ(プラスチック)といった素材の枕も適度な硬さで肩こりの解消に良いと言われており、通気性や吸湿性でも比較してみてください。