モットンは折りたたみできるの?

モットンの正しい使い方

 

 

「部屋の中が狭いから折りたたみできるマットレスが欲しい」と考えている方は多いかもしれません。
通常のマットレスは大きいので床にそのまま放置したり立てかけたりして保管しなければなりませんが、モットンは折りたたみ可能というメリットがあります。

 

 

一般的な布団と同じように小さく折りたたみ、押し入れの中に収納できるので便利です。

@2つ折りや3つ折りにする
A付属されているゴムバンドを取り付ける
B小さくたたんだ状態で押し入れに入れる

このように保管方法が非常に簡単なのがモットンの特徴で、無駄にスペースを取るような心配はありません。

 

 

折り目は特についていませんし、自由におりたたんで押し入れの中に入れることができます。
ただし、毎日押し入れの中で保管していると湿気が溜まりやすいので、定期的に陰干しして乾燥させた方が良いでしょう。

 

 

モットンは木綿や羽毛とは異なり、ウレタンフォームと呼ばれる素材を使っているのでダニや害虫が発生する心配が少なく、取り外し可能なカバーは小まめに洗って清潔な状態で保てます。
それでも、快適な寝心地を得るには風通しの良い場所で乾燥させるのが一番なので、マットレスの寿命を延ばすためにもお手入れの方法には十分に注意してください。

モットンを折りたたんでダメにならない?

モットンを折りたたんで保管し続けることでダメにならないのか疑問を抱えている方はいます。

 

 

しかし、モットンは高反発マットレスという特性を持ち、復元力の時間が早いのでへたれるような心配はありません。
8万回に渡る耐久テストを実施した結果、他社の製品の歪み率が30%程度だったのに対してモットンは3.9%という結果が出ました。

 

 

どんなに高級な素材を使っている敷布団でも、へたれば反発力がなくなって体圧分散の効果が薄れてしまいます。
その点、モットンは長い期間に渡って使っていても反発力が衰えるような心配がなく、5年間と言われている通常の敷布団の寿命を遥かに超える3倍の耐久性を誇っているのです。

 

  • 日常生活で腰へと負担の加わる仕事をしていて腰痛の症状が悪化している
  • 寝起きに肩の付近が慢性的に痛い
  • ストレスで睡眠の質が下がっていて熟眠感が得られない

上記のような悩みを抱えている方には高反発マットレスのモットンが適しています。
シングルサイズは39,800円とコストパフォーマンスも良いので、これからマットレスの購入を考えている方はモットンを使ってみてください。